You can meet KODAK photo printer in the Japanese market, too!

ケンコー・トキナーは、日本国内総代理店として、「KODAKインスタントフォトプリンター」の取り扱いを開始。2019年最新モデルとなる「KODAKインスタントカメラプリンターC210」「KODAKインスタントプリンターP210」を7月19日より、「KODAKインスタントドックプリンターPD460」を8月8日より発売する。

「KODAKインスタントフォトプリンター」は2017年より、北米を中心に世界で展開。これまでに、累計100万台以上が販売されたという。主な特徴として、4PASSテクノロジー(昇華型熱転写方式)を採用し、「最高水準の高画質であざやかな出力、オリジナルにせまる色を再現」するほか、「ラミネート仕上げによって、水、指紋、汚れなどから写真を守り、色の褪色を抑える」とのことだ。

例として「C210」は、カメラ機能付きインスタントプリンターとして展開。背面モニターを装備し、撮影画像を確認できる点が特徴だ。Bluetooth接続にも対応し、スマートフォンの画像もプリントできるという。

「C210」の主な仕様は、画素数が1000万画素、焦点距離(35mm換算)が25.4mm、バッテリー充電時間が約90分、印刷可能枚数(フル充電時)が約20枚、印刷スピード(1枚あたり)が約60秒。プリントサイズが54mm×86mm。交換用 カートリッジがMC-20(写真用紙20シート入り)、MC-30(写真用紙30シート入り)、MC-50(写真用紙50シート入り)、MS-20(シール用紙20シート入り)。

本体サイズは133.7(幅)×79.5(高さ)×26.2(奥行)mm、重量は255g(本体のみ)。ボディカラーは、ホワイト、イエローを用意する。

このほか、「KODAKインスタントプリンターP210」は「C210」と同様に「カードサイズ」を、「KODAKインスタントドックプリンターPD460」は「はがきサイズ」をプリントできるモデルとなっている。

市場想定価格は、「KODAKインスタントカメラプリンターC210」が14,500円、「KODAKインスタントプリンターP210」が12,500円、「KODAKインスタントドックプリンターPD460」が19,500円(いずれも税別)。

 

 

 

 

 

 

Based on the North American market, Kodak Photo Printer, which sold more than 1 million units, is now available in Japan. Kodak Photo Printer plans to release its instant printer P210 and instant dock printer PD460 in Japan, starting with its new model C210, in 2019

 

 

 

 

 

link: https://news.kakaku.com/prdnews/cd=pc/ctcd=0060/id=86070/

 

Please reload

Featured Posts

[Review] Kodak Photo Printer Mini

February 2, 2017

1/2
Please reload

Recent Posts